テレワークに対応している"クラウド型販売管理"SKitFLEXi

テレワーク対応の"クラウド型販売管理"SKitFLEXi

テレワーク対応の"クラウド型販売管理"SKitFLEXi

テレワークにおける"クラウド型販売管理"SKitFLEXiの活用についてご紹介します。
まず労働環境について、ここ10年だけでも働き方は大きく変化しました。
その背景には、人口減少、ニートなどの社会問題もありますが、特に大きく変わったのはテクノロジーの発展です。
さらに直近では新型コロナウイルスの影響で大企業だけでなく多くの企業が急激な働き方改革を余儀なくされています。

テレワークとは

テレワークとは、インターネット等の情報通信技術を活用し、本来勤務する場所から離れ、自宅などで仕事をする時間や場所にとらわれない柔軟な働き方のことです。
柔軟な働き方は、"遠隔地の優秀な人材を雇用確保","従業員の育児や介護による離職防止"など、多くのメリットがあります。
所属するオフィスから離れて仕事を行うため、始業・終業時刻など労働時間の管理方法などについて、適正なルールづくりをすることが重要ですが育児・介護等を行う一部の従業員のみに対する福利厚生策ではなく、会社全体の働き方を改革するための施策の1つとして期待されています。

テレワークの向き不向きと特性について

テレワークには向いている業務と不向きの業務があります。
その特性を理解したうえで、活用していくことが重要です。
一般的には以下の表のようなことが言われています。
  在宅勤務 出社
業務 既知メンバーとの情報共有
独りで完結できる作業
独りで専念すると効率が良い作業
定常業務及びその指示
設備を必要とする業務
現物を必要とする業務(捺印、契約書作成など)
現地で作業を行う必要がある業務(梱包・出荷など)
非定常業務
特性 業務に集中できる
勤怠管理に工夫が必要
社員のプライベートが充実
コミュニケーションが円滑
情報共有のスピードが速い



クラウド販売管理"SKitFLEXi"でテレワークを実現

クラウド販売管理の”SKitFLEXi”はテレワークでも活躍します。
ユーザー視点では商社的商流や外部倉庫を利用している等、自社で物流を行っていない企業様、自社物流の比率が少ない企業様は通常の受注・出荷・売上、発注、入荷、仕入の業務に積極的に活用されています。また営業マンによる売上データの分析、在庫状況の確認、営業報告資料作成のためのデータ活用も行っています。

システム管理者視点ではサーバー等の設備は初期投資はもちろん、ハード老朽化、ミドルウェア更新作業などの維持管理の必要もありません。
加えて自宅からアクセスしても安全に使える高度なセキュリティの為、販売管理システムとは別で外部からの接続方法の確立やセキリティの強化などの検討・実施が不要です。さらに必要な分だけのライセンス拡張が可能です。SKitFELXiはユーザー単位でのライセンス課金の為、自宅用パソコン、事務所のパソコンどちらからも1つのライセンスでご利用できます。

セキリティやライセンスのお問合せはこちら

SKit FLEXi導入インタビュー

株式会社エーゼーゴム洋行 様 / 工業用ゴム・プラント製品卸売業

海外製総合ERPから国内製総合クラウドERPへ データ検索を駆使し営業サービス提供レベル向上を実現。

セントラル科学 様 / 水質測定機器卸売業

SKit FLEXiを会社の中核に据えて事業運営を高度化。